トラックの日フェスタ in 2018 が開催されました。

「トラックの日」って何?

トラック運送業界の重要性について多くの方に認知してもらうために、10月9日を「トラックの日」と制定し、全国のトラック協会では様々なイベントを実施しています。

「トラックの日」フェスタ in 2018

福島県トラック協会最大のイベントである「トラックの日」フェスタ in 2018は9月29日(土)に郡山市「ビッグパレットふくしま 展示ホールC及び屋外展示場」において開催されました。

《「トラックの日」フェスタの様子》

当日は、台風の影響により集客が懸念されましたが、様々な媒体を使用した広報活動が実を結び、多数の家族連れが来場し、模擬店などの各ブースで賑わいをみせるなど、福島県内外より約3,000人のお客様にご来場いただきました。

今回のフェスタでは、トラックディーラー4社の最新鋭デモトラックの展示や、冷凍車の展示(マイナス25度を体験)、Gマークラッピングトラックの展示、トラック運送業界のパネル展示、警察、消防、自衛隊、JAF、NASVAからの協力のもと、各種車両展示及び専門機器の設置、福島県民への地域貢献ブースとして献血活動、ポップコーン、フランクフルト、射的、お絵かきブース、ハンドマッサージの無料提供。さらには震災の復興活動ブースとして浪江やきそばも無料提供され、会場内全ブースには募金箱を設置し、交通遺児への募金活動を展開。
多くの方から善意を集め、全額を福島県交通遺児基金に対し寄付を行いました。

ステージプログラムでは、福島ファイヤーボンズ "Ray Glitters(レイグリッターズ)"、山木屋太鼓演奏、帝京安積高等学校吹奏楽部の演奏、風船の国のアリスちゃんのバルーンアート、さらには福島県ゆかりの芸人"母心"のお笑いステージもあり、お子様から大人までファミリーで各ステージショーを楽しんでいただきました。
福島県トラック協会 YouTubeチャンネル
福島県トラック協会 公式Twitter @truck_fukushima
JTA 公益社団法人 全日本トラック協会 全ト協
貨物自動車運送事業 安全性評価事業 Gマーク制度
非会員事業所(Gマーク取得事業者)へ「定期健康診断助成」「睡眠時無呼吸症候群(SAS)助成」「適性診断助成」「運行管理者受講料助成」の助成が受けられます
軽油価格推移表
燃料サーチャージ届出・導入事業所一覧
トラガール促進プロジェクト 女性トラックドライバーとして活躍してみませんか?
東電原発事故に伴う国道6号通行止めによる迂回費用の賠償金の算出に必要な燃料価格
公益財団法人 日本道路交通情報センター JARTIC
10月9日はトラックの日 トラックは生活と経済のライフライン
安全にものを届けるトラックは、安心もいっしょに運んでいます。
トラックは「人の想い」も運んでいる